ワークバランスの変化

私が看護師の転職をしたのは、やはり結婚して子育てをすることになり、ワークバランスと言うものが変化したからと言えます。

前は病棟などで、バリバリと働いていましたが、そちらは本当に緊急の患者さんがとても多くて、さらに残業もあり、はっきりいってものすごく激務でした。

肉体的にも、そして精神的にもとても負担が大きかったですし、さすがに結婚して、さらに子供がいた場合はとても大変だなと感じたからです。
さらに夜勤もあったので、子供たちが可哀相だな、と思ったからというのも大きいです。

それからは、子供達と過ごす時間も取れるように、外来の看護師として転職をすることにしました。
たとえば、外来なら、週休二日で、水曜日と日曜日などと休みが決まっていますし、夜勤もありません。
それに勤務時間も昼間だけと言うようにきまっていますので、そういった点でも子供がいる場合は負担が少なくて済み、割とまったりと働けるというのがとても大きいなと思いました。

転職してからは、割とまったりと働けていますし、やはり夜勤だったり、いろいろな残業などもほとんどありませんので、育児と仕事を両立することが今のところで来ています。
しかし、中には、夜勤があった方が楽と言う方もいらっしゃるようです。夜勤明けなどに休みがあったほうが楽という方も結構な割合でいますので、やはりその人にあった働き方と言うことで転職は決めるべきだと思います。

私自身は、いまのこの外来での働き方が気に入っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加