看護師の雇用形態

転職するにあたって看護師の雇用形態、特徴についてキチンと理解しておきましょう。

・常勤[夜勤あり]
夜勤ができる常勤看護師は、病院や施設が特に必要としていますので、求人数も多く、強い採用ニーズがあります。選択肢は多いですが、人手不足により一人一人に過剰な負担がかかってる職場も存在していますので、慎重な転職が必要となります。


・常勤[日勤のみ]

日勤のみの常勤として働く場合、病院だけではなくクリニックや介護施設、訪問看護ステーションなどの選択肢があります。ただ注意しておきたいのが、夜勤よりも楽かというと必ずしもそうとは限りません。

・夜勤専業
夜勤のみの出勤となる夜勤専従看護師は、深夜勤務手当がつくので短い時間で効率的に稼ぐことが出来るのがとても魅力的です。ただし、職場の人数が少なかったり、緊急時の応対、休憩・仮眠がとれないなど夜勤専従ならではの難しさもあります。

・非常勤[パート・アルバイト]
常勤の正職員ではなく、パート・アルバイトの非常勤職員として時給制で働くスタイルは、結婚や出産後の看護師の方からとても人気があります。病院だけではなくクリニック、施設など様々な選択肢があります。探すのなら非常勤の求人に強い転職支援会社へ相談するのがおすすめです。

・派遣
看護師資格を活かして、派遣社員として働くという方法もあります。派遣の場合、病院やクリニックなどの派遣先はもちろん、長期派遣、短期派遣、スポット・単発派遣など様々な働き方を選べるので魅力的です。派遣社員は直接雇用ではないので、仕組みをしっかりと理解しましょう。

・短期、単発アルバイト
看護師資格を持っていれば、専門性を活かして短期・単発の派遣やアルバイトをすることも可能です。健診ナースなど、短時間で高時給の案件が多いため、主婦ナースの方からも人気の仕事です。お小遣い稼ぎや離職期間中のつなぎとして考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加